Home > 英語勉強のクチコミ > アイテム・商品 >

ハッキング・ラボのつくりかた 仮想環境におけるハッカー体験学習

51awymrborl. sl160
ハッキング・ラボのつくりかた 仮想環境におけるハッカー体験学習
著者 IPUSIRON
販売元 翔泳社
出版日 2018-12-07
リリース日 2018-12-07
売上げランキング 1254 位
商品カテゴリー Kindle版
ページ数 1110 頁
※ 口コミ投稿で 難易度別の頻出英単語15000 を無料プレゼント!
商品グループ eBooks
製造元 翔泳社
レーベル 翔泳社
スタジオ 翔泳社
言語 日本語 (Published)
フォーマット Kindle本

関連商品

暗号技術のすべて
数学大百科事典 仕事で使う公式・定理・ルール127
Webセキュリティ担当者のための脆弱性診断スタートガイド 第2版 上野宣が教える新しい情報漏えいを防ぐ技術
ビジネスフレームワーク図鑑 すぐ使える問題解決・アイデア発想ツール70
達人に学ぶSQL徹底指南書 第2版 初級者で終わりたくないあなたへ
カイゼン・ジャーニー たった1人からはじめて、「越境」するチームをつくるまで
エンジニアが学ぶ金融システムの「知識」と「技術」
機械学習エンジニアになりたい人のための本 AIを天職にする
図解まるわかり セキュリティのしくみ
現場で困らない!ITエンジニアのための英語リーディング

コメント

常時使える攻撃実験環境で
セキュリティを追究する【ハッキング・ラボとは】
本書では、物理的な環境にとらわれず
ハッキング実験ができる環境、すなわち
「ハッキング・ラボ」を作り上げます。セキュリティについて理解するには、
攻撃について学ぶのが近道です。攻撃実験は仮想環境で行うので、
安心して実践的な学習ができます。【本書で実現できること】
・セキュリティの基礎を理解できる
・移動可能なハッキング・ラボを構築できる
・Windowsの基本テクニックが身につく
・プログラムを一元管理できる
・C言語やPythonなどのプログラミング環境を構築できる
・OS(WindowsとKali Linux)やネットワークの知識が身につく
・仮想環境により、安全にハッキングを実習できる
・さまざまな攻撃手法を習得できる【想定する読者層】
・セキュリティの初学者
・ハッカーにあこがれている人
・CTFに興味がある人、または参加している人
・WindowsとLinuxの混在環境を構築したい人
・コンピュータ愛好家
・Linux初心者【前提知識】
・Windowsの基本操作(ファイルの圧縮・解凍、アプリのインストールなど)ができる
・Linuxの基本的なコマンドを操作できる
・自宅に小規模なLANを構築できる★読者特典あり★
本書をお買い上げの方に、ページ数の都合で泣く泣くカットした内容をまとめたPDF(約70ページ)をダウンロード提供いたします。(翔泳社の会員登録が必要です。詳しくは本書をお読みください)※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

51awymrborl