Home > 英語勉強のクチコミ > アイテム・商品 >

Harry Potter and the Chamber of Secrets (English Edition)

51ozerwcgcl. sl160
Harry Potter and the Chamber of Secrets (English Edition)
著者 J.K. Rowling
販売元 Pottermore Publishing
出版日 2015-12-09
リリース日 2015-12-09
商品カテゴリー Kindle版
ページ数 373 頁
※ 口コミ投稿で 難易度別の頻出英単語15000 を無料プレゼント!
商品グループ eBooks
製造元 Pottermore Publishing
レーベル Pottermore Publishing
スタジオ Pottermore Publishing
言語 英語 (発行済み)
フォーマット Kindle本

関連商品

Harry Potter and the Prisoner of Azkaban (English Edition)
Harry Potter and the Goblet of Fire (English Edition)
Harry Potter and the Philosopher's Stone (English Edition)
Harry Potter and the Order of the Phoenix (English Edition)
Harry Potter and the Half-Blood Prince (English Edition)
Harry Potter and the Deathly Hallows (English Edition)
「ハリー・ポッター」Vol.2が英語で楽しく読める本 「ハリー・ポッター」が英語で楽しく読める本
Harry Potter and the Cursed Child - Parts One and Two: The Official Playscript of the Original West End Production (English Edition)
「ハリー・ポッター」Vol.1が英語で楽しく読める本 「ハリー・ポッター」が英語で楽しく読める本
「ハリー・ポッター」Vol.3が英語で楽しく読める本 「ハリー・ポッター」が英語で楽しく読める本

コメント

"'There is a plot, Harry Potter. A plot to make most terrible things happen at Hogwarts School of Witchcraft and Wizardry this year.'"

Harry Potter's summer has included the worst birthday ever, doomy warnings from a house-elf called Dobby, and rescue from the Dursleys by his friend Ron Weasley in a magical flying car! Back at Hogwarts School of Witchcraft and Wizardry for his second year, Harry hears strange whispers echo through empty corridors - and then the attacks start. Students are found as though turned to stone... Dobby's sinister predictions seem to be coming true.
   ハリー・ポッターのように一途で魅力あふれる若いヒーローに恋をして、それでも彼が恐るべき危険に足を踏み入れていくのをただじっと見つめていることしかできないとしたら…。考えただけでたまらない! しかし、いくつもの賞を受賞したJ.K.ローリングの『Harry Potter and the Sorcerer's Stone』(邦題『ハリー・ポッターと賢者の石』)の待望の続編、『Harry Potter and the Chamber of Secrets』(邦題『ハリー・ポッターと秘密の部屋』)では、ハリーはまさに恐るべき危険に身をおくことになる。新学期からホグワーツ魔法魔術学校の2年生になる彼は、何者かに妨害されて学校へ向かう汽車に乗り損ねてしまう。とはいえ憎々しいダーズリー一家とともに長い夏を過ごしたあとではこれくらい何でもないかにみえた。彼の本当の不運は、残された唯一の移動手段だった空飛ぶ魔法の車が、貴重な(とはいえ明らかに不機嫌な)「暴れ柳」に激突したときから始まる。だがこんなこともみな、これからホグワーツの、とりつかれた校舎で起こる事件に比べれば、公園で過ごす穏やかなひとときのようなものだ。    身を凍らすような邪悪な声が壁の中からハリーだけにささやきかける。どうやらクラスメートのドラコ・マルフォイがハリーの命を狙っているらしい。だが間もなく学校内で恐ろしい事件が次々に起こりはじめ、自分の命を案じなければならないのはハリーだけではなくなる。壁の、高さ30センチほどのところから、怪しげな光を放つ文字が告げている。「秘密の部屋の扉は開かれた。継承者の敵よ、気をつけよ」。だがこれはいったいどういう意味なのか? ハリー、ハーマイオニー、ロンの3人は50年前に端を発するこの恐ろしい謎を解き明かそうと、自分たちの魔法の力でできることは何でもする。ときには命をかけて…。    楽しくスリルあふれるこの作品は、想像力の豊かさ、人をひきつける力、ぞっとさせる力、どれをとっても1作目にまったく劣らない。作品の中では、どこの学校にもよくあるできごと、たとえばクラスメートと対抗意識を燃やしたり、片思いに頬を染めたり、物知り顔の先生にあきれたりといった日常茶飯事が、とっぴで、恐ろしく、現実離れしたできごとや、単純に笑えるできごとと渾然(こんぜん)一体となっている。今回もまたローリングは知性と奇抜な発想と背筋の凍るような筆致を総動員して作品を書き上げた。これを読んでしまったら、子どもも大人もみな、次の作品が待ち遠しくてたまらなくなるだろう。
"'There is a plot, Harry Potter. A plot to make most terrible things happen at Hogwarts School of Witchcraft and Wizardry this year.'"

Harry Potter's summer has included the worst birthday ever, doomy warnings from a house-elf called Dobby, and rescue from the Dursleys by his friend Ron Weasley in a magical flying car! Back at Hogwarts School of Witchcraft and Wizardry for his second year, Harry hears strange whispers echo through empty corridors - and then the attacks start. Students are found as though turned to stone... Dobby's sinister predictions seem to be coming true.

51ozerwcgcl