Home > 英語勉強のクチコミ > アイテム・商品 >

Fast Food Nation: The Dark Side of the All-American Meal (English Edition)

51kliwqgodl. sl160
Fast Food Nation: The Dark Side of the All-American Meal (English Edition)
著者 Eric Schlosser
販売元 Mariner Books
出版日 2001-01-17
リリース日 2001-01-17
商品カテゴリー Kindle版
ページ数 373 頁
※ 口コミ投稿で 難易度別の頻出英単語15000 を無料プレゼント!
商品グループ eBooks
製造元 Mariner Books
レーベル Mariner Books
スタジオ Mariner Books
言語 英語 (Published)
フォーマット Kindle本

コメント

New York Times Bestseller

“Schlosser has a flair for dazzling scene-setting and an arsenal of startling facts . . . Fast Food Nation points the way but, to resurrect an old fast food slogan, the choice is yours.”—Los Angeles Times

In 2001, Fast Food Nation was published to critical acclaim and became an international bestseller. Eric Schlosser’s exposé revealed how the fast food industry has altered the landscape of America, widened the gap between rich and poor, fueled an epidemic of obesity, and transformed food production throughout the world. The book changed the way millions of people think about what they eat and helped to launch today’s food movement.

In a new afterword for this edition, Schlosser discusses the growing interest in local and organic food, the continued exploitation of poor workers by the food industry, and the need to ensure that every American has access to good, healthy, affordable food. Fast Food Nation is as relevant today as it was a decade ago. The book inspires readers to look beneath the surface of our food system, consider its impact on society and, most of all, think for themselves.

“As disturbing as it is irresistible . . . Exhaustively researched, frighteningly convincing . . . channeling the spirits of Upton Sinclair and Rachel Carson.”—San Francisco Chronicle

“Schlosser shows how the fast food industry conquered both appetite and landscape.”—The New Yorker

Eric Schlosser is a contributing editor for the Atlantic and the author of Fast Food Nation, Reefer Madness, and Chew on This (with Charles Wilson).
   毎日4人に1人のアメリカ人がファーストフード店で安く手軽に食事を済ませているというのに、その速さや繁栄ぶりについて考え直してみようとする者はいない。ファーストフードはいたるところに見られるので、今ではいかにもアメリカ的で害のないものという印象がある。だが、ファーストフード業界は合併や均質化、スピードの問題に駆りたてられ、アメリカの食生活や風景、経済、労働力を、気づかぬうちに破壊的と言えるまで根本から変えてしまった。    ジャーナリストとして受賞歴もある著者、エリック・シュローサーは、高校もドロップアウトした「規制概念破壊型」のハーラン・サンダーズやマクドナルド兄弟の紹介に始まり、衝撃の実態を大々的に暴露する。彼らは工場の流れ作業の原理を大量生産、大量消費の飲食店に初めて応用した人々だ。しかし話題はすぐに切り替わる。酷使されるわりにはあまり賃金をもらえない10代の労働者の働くカウンター、ポテトやビーフを生産する工場方式の農園、巨大精肉会社に運営される屠殺場…。著者はなぜあのフレンチフライがあれほどおいしいのか(調査のために著者は世界最大のスパイス会社を訪れている)、あるいは「あのセサミパンに隠された秘密」を読者に知ってほしいと思っている。ところで、お召し上がりの際はご用心。と言ってもコレステロールのことではない。みなさんが口にする肉には、なんと、「排泄物」が混じっているのだ。    恐怖の極みに達するのは精肉工場の調査報告だ。まるで無法地帯のように、ファーストフード業界には国の監視の目がほとんど届いていないというのである。シュローサーの辛辣な業界描写は1906年に書かれたアプトン・シンクレアの『The Jungle』に不気味なほど似ている。この本は、悪夢のような労働環境や労組潰し、大腸菌などの病原体をレストランや公立学校や家庭にばらまく温床となる非衛生的な現場の様子について触れている。ファーストフード業界が「若者の血となり肉となっている一方で、文字通り彼らを『食い物』にしている」実態が描かれた箇所が、この『The Jungle』を彷彿とさせる。    ファーストフードは子どもの生活のあらゆる面、さらには学校教科書の中にまでに巧みに入り込み、子どもを肥満や病気になりやすい体にしている。幸い、著者はよい救済策を示してくれる。
 「アメリカの食生活がすぐさま生命の危険に結びつくわけではない」
   まずは自分でよく考えてみよう。大きな犠牲を払ってまで「好き勝手な」食生活をおくる価値があるのだろうか、と。
読む者を夢中にさせ、また不安にもさせるこのファストフードの物語は、戦後アメリカの物語でもある。 ファストフード産業は、一握りの野心家たちが作り上げたものながら、現代社会を均質化する引き金となった。ファストフードは風景のモール化を加速させ、富める者と貧しい者の溝を広げ、肥満という流行り病を煽り、アメリカ文化の帝国主義が世界で勢力を広げるのを後押ししてきた。罪状を挙げていけばきりがないが、エリック・シュローサーは一流のルポと風刺のきいたウィット、それに入念な理由付けを織り交ぜながら、それらを見事にまとめている。 毎日、米国の成人の4分の1がファストフード店を利用し、2000年のファストフード消費は1100億ドルを超えた。シュローサーは、保護貿易論と父権的干渉主義、それに利益主義とが奇妙に混ざり合うフランチャイズ契約を巧みに検証しながら、牛肉に含まれる異物をつぶさに調べていく。さらには、牛肉が大腸菌などの危険な病原菌に感染しやすい状態にあること、1時間に600頭近くの牛が屠殺されていること(このアメリカの食肉処理場の標準値は、ヨーロッパの屠殺場のほぼ6倍にのぼる)を暴き、栄養、環境、文化といった観点から投げかけられる深刻な問題を掘り下げている。調査報告と文化史とをまとめた草分け的な本書『Fast Food Nation』(邦題『ファストフードが世界を食いつくす』)は、アメリカ人の食に対する考え方を大きく変える本だ。 フォックスサーチライト配給の映画『Fast Food Nation』が、2006年11月17日から公開される予定。おもな出演は、イーサン・ホーク、アヴリル・ラヴィーン、パトリシア・アークエット、グレッグ・キニア。
New York Times Bestseller

“Schlosser has a flair for dazzling scene-setting and an arsenal of startling facts . . . Fast Food Nation points the way but, to resurrect an old fast food slogan, the choice is yours.”—Los Angeles Times

In 2001, Fast Food Nation was published to critical acclaim and became an international bestseller. Eric Schlosser’s exposé revealed how the fast food industry has altered the landscape of America, widened the gap between rich and poor, fueled an epidemic of obesity, and transformed food production throughout the world. The book changed the way millions of people think about what they eat and helped to launch today’s food movement.

In a new afterword for this edition, Schlosser discusses the growing interest in local and organic food, the continued exploitation of poor workers by the food industry, and the need to ensure that every American has access to good, healthy, affordable food. Fast Food Nation is as relevant today as it was a decade ago. The book inspires readers to look beneath the surface of our food system, consider its impact on society and, most of all, think for themselves.

“As disturbing as it is irresistible . . . Exhaustively researched, frighteningly convincing . . . channeling the spirits of Upton Sinclair and Rachel Carson.”—San Francisco Chronicle

“Schlosser shows how the fast food industry conquered both appetite and landscape.”—The New Yorker

Eric Schlosser is a contributing editor for the Atlantic and the author of Fast Food Nation, Reefer Madness, and Chew on This (with Charles Wilson).

51kliwqgodl